無線呼び出しシステムトップ頁へ 商品のお問い合わせご質問見積もり依頼はこちら 商品のお問い合わせ
商品のご予算 商品のご予算
Q&A集-本製品へのよくある質問と回答 Q&A集-この商品へよくある質問と回答
特定小電力無線連絡システムへのご相談 特定小電力無線連絡システムへのご相談

8接点信号監視自動無線通報システム(特定小電力無線接点伝送装置)-移報接点信号を長距離無線化

無線送信機は各種設備からの接点信号(無電圧a接点信号)を受けて電波で離れた場所の受信機に伝送、異常を報せます。 各種設備の無人監視に。通信距離100〜300m。
1台の無線送信機で最大8点までの無電圧a接点信号出力を監視できます。
※8点未満の点数をご希望の場合もご相談ください。製作可能です。

無線送信機に接点信号が入力されると無線電波送信がはじまり、 受信機から接点出力が行われます。 送信機への接点信号の入力が止まると電波送信は止まり、受信機の信号出力も自動停止します。


1台の特定小電力無線送信機で最大8点までの信号を監視できます。8点信号入力送信機+8点信号出力受信機。
1台の特定小電力無線送信機で最大8点までの信号を監視できます。8点信号入力送信機+8点信号出力受信機。
同時の複数の接点を動作する事もできます。
独立した送信アンテナ、受信アンテナを使って電波を送受信しやすくします。

各種警報機の24時間異常監視、製造業、工場内の作業機械などの設備の運営効率の向上、無人監視
省力化、生産性向上,無駄ロスを排除,ミスの防止と迅速なトラブル対応にお役に立てます。


各種設備装置

無電圧a接点信号(有線接続、接点入力)

1.送信機-接点信号最大8点(No.1〜No.8)まで監視可能

特定小電力無線100〜300m

2.受信機
無電圧a接点出力が行われます。最大8点(No.1〜No.8)。

工場、作業場での設備異常の緊急呼び出し装置
工場、作業場での設備異常の緊急呼び出し装置
各種製造機械設備、警報盤の無人監視、緊急連絡装置
各種製造機械設備、警報盤の無人監視、緊急連絡装置


各種設備からの接点信号(無電圧a接点信号など)を受けて送信機が自動送信、無線で離れた場所の受信機へ異常を連絡します。
各種の設備異常を無線で自動連絡することができます。


送信機〜受信機までは無線でやりとりしますので、電波の届く範囲で自由に機器の配置を設定できます。
送信機〜受信機-見通し100〜300mまで送信可能です。
途中にに無線中継器を配置して通信距離を延長することも可能です。

信頼性の高い日本国内で開発生産されている商品です。安価な外国製の製品と違い、点検修理が可能です。


本製品の導入に際して役所への届け出や免許などは必要ありません。
受注生産品ですので屋内での使用、屋外での使用、電源の種別などご要望に応じて仕様のご相談をさせていただいております。




動作イメージ図(機器の外観は仕様により変わる場合があります)

【送信側-接点信号入力作動型特定小電力無線発信機】

各種機械からの無電圧接点入力
-各種設備、警報盤-
無電圧a接点出力信号

信号ケーブルで送信機の端子台に有線接続
8点信号監視用の特定小電力無線送信機
8点信号監視用の特定小電力無線送信機

8点信号監視用の特定小電力無線送信機の納品写真。

(左)-外部送信アンテナユニット(防雨ケース)
(右)−送信機本体

送信機本体のサイズ180ミリ×120ミリ×35ミリ

無電圧a接点信号が入力端子に入ると
受信機へ無線自動通報します。
電源:AC100V

接点入力信号:無電圧a接点-送信機の内部端子台に接続。
送信機本体内部に8点信号入力用の端子台が内蔵されています。
送信機本体内部に8点信号入力用の端子台が内蔵されています。 (No.1〜No.8)

信号入力端子と設備の接点信号取り出し口はリード線でつなぐこととなりますが、 リード線の長さの最長5m内に収めることをおすすめしております。 長くしすぎるとノイズ等で誤作動が起きる可能性があります。

送信アンテナユニットを独立させた納品例

建物の配置関係で、送信機→受信機の見通しがとれない場合、 送信アンテナ部分を独立させて、 アンテナ先端部分のみを見通しの利く場所まで延長する事が可能です。
アンテナ接続ケーブルの長さは最長20mまで可能です。
向かって左側が送信アンテナユニット。

※アンテナ接続ケーブルは巻かないようにして配線してください。




無線で受信機
へ送信。
見通し300m
までOK。

-監視物件-

【受信側-接点信号出力型特定小電力無線受信機】

回転灯接続用のリード線を出した納品例
8点信号出力タイプの特定小電力無線受信機。
ロッドアンテナ型の外部受信アンテナユニットが付属します。
受信機サイズ180ミリ×120ミリ×35ミリ

受信機本体内部に8点信号出力用の端子台が内蔵されています。
(No.1〜No.8)
受信機本体内部に8点信号出力用の端子台が内蔵されています
送信機側の接点信号が別々に復旧(オープン)するまで作動し続けます。
電源:AC100V仕様


受信機にブザーや回転灯を接続する事もできます。

発報した接点を識別するLEDを表面に増設する事ができます。
特定小電力無線受信機の表面に発報した接点を識別するLEDを表面に増設する事ができます
イメージ図
送信機側で発報した接点の赤色LEDが点灯します。



独立した外部受信アンテナ付属
独立した外部受信アンテナ付属。
受信機本体と付属ケーブルで繋がります。
屋内屋外兼用。マグネットベース付属。



工場内の例。金属製の大型機械や商品、棚などの配置で送信機側から受信機側が見えにくく電波が通りにくい場合。
工場の例。大型機械や商品などの配置で送信機側から受信機側が見えない場合の接点入力型無線自動通報装置の導入イメージ図

送信機の独立送信アンテナ、受信機の独立受信アンテナをそれぞれ天井付近に設置して
アンテナとアンテナ同士が見通しの利く状態に設置すると電波は遠くまで送受信しやすくなります。
天井の高い大きな工場や倉庫、作業場などの場合。
大型機械などの配置で、送信機側から受信機側が見えない場合の接点入力型無線自動通報装置の導入イメージ図


同一の建物内の場合。建物の壁に電波を遮られて送信機の電波が受信機に直接届かない場合、
送信機の独立送信アンテナ、受信機の独立受信アンテナをそれぞれ繋がった廊下や通路にケーブルで引き出して
廊下などの繋がった空間を利用して送信側アンテナと受信側アンテナが見通しの利く状態に出来ると電波は遠くまで届くようになります。
※廊下が曲がっていたり、階差があったりするなど建物の環境により通信距離は変わります。
建物の壁に電波を遮られて、送信機の電波が受信機に届かない場合の接点入力型無線自動通報装置の導入イメージ図



別々の建物同士で設備異常を無線で自動通報する導入例のイメージ図。
外部送信アンテナユニット、外部受信アンテナユニットをお互いに見える互いの建物の外壁に取り付けます。
アンテナユニットのみを独立させて、お互いに送受信しやすい外壁(お互いに見える位置)まで延長して取り付けます。
それぞれの独立アンテナは防雨構造することができます。
別々の建屋間で接点信号異常を無線で自動連絡する場合。屋外用送信アンテナト、屋外用受信アンテナユニットを使って電波が流れやすくします。
別々の建屋間で接点信号異常を無線で自動連絡する場合。屋外用送信アンテナト、屋外用受信アンテナユニットを使って電波が流れやすくします。



送信機、受信機がそれぞれ複数台の運用も可能です。
以下のイメージの例。1台の送信機が作動すると2台の受信機へ同時に通報を行います。
-下 送信機1台、受信機2台の例。-
送信機、受信機がそれぞれ複数台の運用も可能です。
送信機側の電波発信がリセットされると受信機の接点信号出力も停止します。




【応用品の納品例1】

複数の接点信号を1台の送信機で監視します。接点信号が入ると無線送信、
受信機側では送信機側で作動した接点にマッチした接点出力が行われます。
1台の特定小電力無線送信機で最大8点までの信号を監視できます。8点信号入力送信機+8点信号出力受信機。


市販の色違いタワー表示灯でどの送信機側のどの接点信号(No.1〜5)の異常かを受信機側で識別するようにしたシステムの製作できます。
色違いの5段積みポール型回転灯(デジタル製)を使用しました。

複数接点監視用特定小電力無線、受信機側のタワー回転灯でどの接点信号の異常かを受信機側で識別するようにしたシステム

5接点信号監視用特定小電力無線送信機
遠隔送信機(屋内仕様)
各種機械からの接点信号入力用リード線が5本を刺した状態。
※送信機内部の端子台にケーブルを固定します。
右横の小さなケースは外部送信アンテナユニット。
5接点信号出力タイプの特定小電力無線受信機
遠隔受信機(屋内仕様)
各接点信号に対応した色の部分が点灯します。
点灯するランプの色でどの機械の異常かを識別できます。
※送信機の接点1→ホワイト、接点2→青 など。
左横の小さなケースは外部受信アンテナユニット。





-商品内容-

最大見通し100〜300m先まで無線通報が可能です。(通信可能距離は周囲の環境によって変わります。)
既設の各種警報機や警報盤の無電圧リレーa接点出力端子に遠隔送信機を有線接続します。
接点信号が遠隔送信機に入力されると、離れた遠隔受信機へ向けて特定小電力無線を発信します。

遠隔送信機の接点入力 無電圧a接点リレー入力
遠隔受信機の接点出力 無電圧a接点リレー出力  接点容量 電圧:AC100V 電流:1A

遠隔受信機から電源出力を御希望の場合は、接続する機器や照明、ランプなどのワット数などの仕様をご確認してご相談ください。

電源:標準品の送信機、受信機の電源はAC100V(家庭用電源)です。
※AC200V、DC12V、DC24V、ソーラー電源方式などを御希望の場合も個別にご相談ください。

屋外での御利用を御希望の場合もご相談ください。予め防雨ケースに収納した形状で製作するとこもできます。

そのほか、御希望の内容がございましたらお気軽にご相談ください。個別にお見積もりをさせていただきます。




-追加オプション機器-


特定小電力無線中継器 (※追加オプション機器)
遠隔送信機と遠隔受信機の間の通信距離を延長する際に利用します。
具体的な運用方法につきましてはメールや御電話などでお問い合わせください。
電源:AC100V


電波の障害になっているポイントに中継機の受信部と送信部を配置します。
中継機は受信アンテナと送信部(本体)が有線ケーブルで繋がった形状をしています。
ケーブルの長さ:最長10mまで。
工場などの天井の高い建物の場合、外部アンテナを高い位置に設置すると電波が遠くまで届きます。


中継機の受信アンテナで送信機からの電波を受信すると反対の送信部から同一の周波数の電波を再送信します。
中継機の受信部で送信機からの電波を受信すると、反対の発信部から同一の周波数の電波を再送信します
屋外で使用する場合は予め防雨ケース収納で製作。電源の無い場所の場合はソーラー電源式の中継機を製作することも可能です。


吹き抜けの階段室に中継機を置いて1階→3階の事務所へ通報するイメージ図。
接点信号による特定小電力無線を吹き抜けの階段室に中継機を置いて1階→3階の事務所へ通報するイメージ図


廊下に中継機を設置して見通しの利かない部分の電波を中継する取り付けイメージ。
外部送信アンテナ側に中継機の受信アンテナを設置します。
廊下に中継機を設置して見通しの利かない部分の電波を中継する取り付けイメージ。


屋外用の中継機を使って、作業現場と異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図。
特定小電力無線の電波自体は指向性はありませんので、イメージ図のように電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。 送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。
屋外用の中継機を使って、作業現場と異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図。電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。



送信機と受信機の間に壁があって電波を遮断される例。
電波を遮断する壁の左右を中継機で結んで、送信機から反対側に電波を出すイメージ図。
中継機の受信アンテナと本体は有線ケーブルで接続する形になります。
電波を遮断する壁の左右を中継機で結んで、送信機から反対側に電波を出すイメージ図


※中継機を使う際のご注意
中間に中継機を入れますと、送信から受信までの間に数秒タイムラグが生じる場合があります。


途中に中継機を入れた時のチャンネル構成の例。バケツリレーのように電波の受信を転送していきます。
途中に中継機を入れた時のチャンネル構成の例。バケツリレーのように電波の受信を転送していきます。

特定小電力無線中継機、受信部と送信部がケーブルでつながった形状
屋内用の標準タイプの特定小電力無線中継機。
受信アンテナと中継機本体が有線ケーブルでつながった形状をしています。




別棟の建物間での通信をご希望の場合はソーラー電源式の中継機も製作できます。 屋外で電源の無い場所にご利用いただけます。 ご予算は個別にご相談ください。
別棟の建物間での通信をご希望の場合はソーラー電源式の中継機も製作できます

ソーラー電源方式の中継機。
太陽電池パネルと中継機本体。
発電された電力は一旦、内蔵された大型バッテリに蓄電されてから中継機に使用します。夜間も使用可能です。
発電された電力は一旦バッテリに内蔵されてから中継機に使用します。夜間も使用可能です。
※外観が変更になる場合があります。





追加オプション機器-ご希望に応じて電話通報機能、メール通報機能を追加できます。


自動電話通報機(※有線追加オプション機器-受信機に接続して使用します)

受信機とNTT固定電話回線に接続して、遠隔送信機からの電波を受けると予め登録された電話番号へ自動通報できます。
電源はAC100V。
信号入力端子4点(No.1〜4)まで。 No.1〜4の信号毎に別々の音声アナウンスを通報先の携帯電話などに流して知らせる事ができます。 管理担当者の携帯電話などへ設備の異常を通報する際に使用します。
既設のアナログ電話回線、ISDN回線、ADSL回線に対応。通報先はご自分で簡単に登録できます。 携帯電話への通報も可能です。

自動電話通報機の詳細はこちらをクリックしてください。

既に敷設されている固定電話回線に接続して、 警戒モード中にセンサーなどが感知した際、 予め登録された携帯電話などの電話番号へ異常事態を報せるアナウンスを流すオプション機器です。
機械が登録された電話番号へ自動的に電話をかけます。

既にお持ちの電話を一次的に使って通報する仕組みです。 専用の電話回線は必要ありません。
※1先に報せる度に10円程度(固定電話へ通報する場合)の電話料がかかる運用イメージとなります。


接点信号を拾って通報する特定小電力無線送信機複数台を1台の特定小電力無線受信機で監視。接点信号が出力された送信機毎の異なる音声アナウンスを管理担当者の携帯電話に流します。
接点入力型無線自動通報システムと自動電話通報機を使って上のような電話通報を行うことも可能です。

自動電話通報機(有線式オプション機器-受信機に接続して使用します



  接点信号入力作動型ショートメール自動通報装置(※有線追加オプション機器-受信機に接続して使用します。) 

警報機に有線ケーブルで接続して使用します。
信号入力端子2点(No.1〜2)まで。 警報機の警報が作動し、警報機からの信号が本通報機のリード線を伝って入力されると、 ショートメール(SMS)を使って予め登録された携帯電話、スマートホンへショートメールで緊急連絡を行います。
現地に固定電話回線は必要ありません。通報装置に入れるドコモSIMカードのご契約が別途必要になります。
御利用を御希望の際は別途ご相談ください。

携帯電話、スマートホンにショートメールで異常を通報します
携帯電話、スマートホンにショートメールで警報機の発報を通報します。

接点信号入力作動型ショートメール自動通報装置







特定小電力無線中継器の取り付け方法は?
中継機の送信部(ケース形状)は蓋を開けると裏蓋と表蓋に分かれます。裏蓋を壁にネジで固定して表蓋をパチンと被せると取付完了です。 受信アンテナは送信部とケーブルで繋がっています。アンテナは市販のL字金具などで上向きにして取り付けてください。

保証期間経過後も故障時には修理対応が可能でしょうか?
保証期間後も点検修理を承ります。ご購入後もご安心をいただければと存じます。
※性能向上や部品の入手などの理由で外観や仕様が若干変更になる場合があります。

送信機3台+受信機1台の構成で、送信機のいずれか1台が発報すると受信機が反応するように出来ますか?
可能です。1台の受信機で複数台の送信機を監視できます。

機械の取付方法は?
送信機、受信機、外部送信アンテナユニットともネジで壁面に固定します。 裏蓋にはねじ穴が開いています。まず裏蓋を壁などにネジ止めし、上から表蓋をはめて固定します。 外部受信アンテナはロッドアンテナ形状となっています。土台ベース部分に磁石が入っていますので金属面に接着できます。 受信アンテナは上向きになるように設置してください。

送信機の建物と受信機にある管理棟の間に丘があって見通しが利きません。
丘の上に中継機を設置して電波の届く距離を伸ばす事ができます。 中継機の設置位置に電源が無い時はソーラー電源式の中継機をご利用いただくこともできます。

送信機、受信機の電源をAC220Vへ変更できますか?
標準の電源(送信機、受信機)はAC100V仕様ですが、 送信機、受信機とも電源部をACアダプターに変更して単相AC220V電源へ変更可能です。 三相の場合も個別にご相談ください。個別に商品のご予算のお見積もりをさせていただきます。

受信機に電源オンオフスイッチをつけることはできますか?
受信機の表面に電源オンオフ用のレバースイッチを増設する事ができます。 ご予算はお見積もりをさせていただきます。

購入後に任意で送信機と受信機のグループを変更することができますか?
複数台あるお手元の送信機と受信機を組み合わせ(グループ化)を変更することは可能です。 ただし、送信機と受信機の台数が多い時や中継機が入る場合は個別にご相談下さい。




【参考価格】

基本セット
1.送信機1台
特定小電力無線送信機、無電圧a接点入力端子8個内蔵、独立送信アンテナ付、アンテナ延長ケーブル5m、電源AC100V、屋内用
2.受信機1台
特定小電力無線受信機、無電圧a接点出力端子8個内蔵、独立受信アンテナ付、アンテナ延長ケーブル4m、電源AC100V、屋内用
上のセット 19万円〜(消費税別) ご希望の内容で個別お見積もりをさせていただきます。

※本製品のの動作
送信機に接点信号(1番〜8番)が入力されると電波を発信、 電波を受信した受信機から接点信号(1番〜8番)が別々に出力されます。 送信機の電波が停止すると受信機の方も連動して信号出力が停止するします。

8接点信号監視自動無線通報システム基本セットのイメージ図と外観写真。
8接点信号監視自動無線通報システム基本セットのイメージ図と外観写真


遠隔送信機が作動すると特定小電力無線(429.5MHz)を送信します。
その電波を100〜300m先の遠隔受信機で受信し警報を発します。
電波には5桁のデジタルIDコードが重畳されているので混信や誤動作はありません。

通信環境
鉄筋コンクリートや鉄骨造りなど金属を使った建物内では電波が遮断され、 通信距離が100m以内になる場合があります。
送信機と受信機の間の障害物の有無などの使用環境によって通信距離は変化いたします。
電波は送信機と受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
送信機と受信機が屋内と屋外の場合、建物自体の壁が電波を遮断する可能性が高くなります。
その場合、独立アンテナを建屋の外に出すなどして電波を受信しやすくする設置方法をご検討ください。
独立アンテナはできるだけ見晴らしのいい場所、大きな工場の場合は天井付近の高い位置に設置してください。
鉄筋コンクリート造りの建物内に送信機、受信機を設置する場合はつながった通路や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間にアンテナを出すなどして設置してください。
送信機、受信機、アンテナは金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所は中継機の御利用をご検討ください。


テスト機
導入をご検討の際に、事前に現地で電波の届く距離をチエック出来るデモ機をご用意できます。
1週間無料で貸し出しいたしておりますので、このホームページの一番下の送信フォーム、メールファックス、御電話でお問い合わせください。
デモ機をご返却の際の宅配料金のみご負担をお願い申し上げます。



内部端子台(端子台)へのケーブルの接続の際のご注意
受信機のケースカバーを開けると基盤の上にグレー色の端子台があります。 丸い穴がケーブルの差し込み口です。 その反対側に長方形の穴があります。
ケーブルの取付、取り外しの際はこの長方形の穴に細身のマイナスドライバーを差し込んで、 中のスプリングを押した状態で作業してください。
作業時は必ず電源を抜いて作業をしてください。感電事故の原因になります。


  • 本システムは受注生産品です。使用目的に応じて以下のような仕様のご相談を承ります。
    下記の送信欄からお問い合わせください。
  • システムの電源:AC100V、AC200V、ソーラー電源方式、充電バッテリ式など。
  • 屋外設置用の防雨ケース仕様のご相談を承ります。
  • 送信部、受信部とも複数台での御利用の場合のご相談を承ります。
  • 個別のお見積もりのご依頼は無料にて承っております。
  • 事前の通信テストのご相談。

【配送方法】
クロネコヤマトの「宅急便」(ヤマト運輸株式会社)にてお送りさせていただきます。


【サポート体制とメンテナンス】
商品の納品時に故障や不具合などがありましたら納品後7日以内のご連絡下さい。 不具合の内容が弊社責任の場合は無償で修理、又は商品の交換の対応をさせていただきます。 それ以外の場合は有料修理とさせて頂きます。

商品の点検、修理の対応方法
点検、修理の際は、お客様より商品を宅配便にて 弊社もしくは製造元へお送りいただきまして一旦お預かりをさせていただきます。 点検、修理の終了後に改めまして宅配便にて商品をご返却をさせていただく形とさせていただきます。 出張による点検修理はお受けいたしかねますので何卒ご了承をお願い申し上げます。
また、商品の取付工事につきましてはお客様にてご手配をお願い申し上げております。

製品保証は日本国内の使用においてのみ有効です。


【返品についての対応】
本製品は受注生産品のため 返品の御相談につきましては個別に御相談をさせていただきます。



【お支払い方法のご説明】
宅急便コレクト
お支払い方法は安心のヤマト運輸の代引きサービス(コレクトサービス)をご利用いただいております。
※代引きサービス以外のお支払い方法をご希望の方もお見積もりの際にご相談をさせていただきます。


ヤマト運輸の代引きサービスは配達員がご自宅へ商品をお届けした際に、
1.現金払い
2.クレジットカード払い
3.デビットカード払い(銀行のデビッドキャッシュカード)
のうちご希望のお支払い方法をその場でお選び、ご指定いただけます。


ヤマト運輸の配達員はカード端末を持参いたしております。
ヤマトの配達員にご用命をいただけましたら現金以外にその場でクレジットカード、デビッドカードをご利用いただけます。

(御利用いただけるクレジットカード)
JCBカード VISAカード MASTERカード Dinersカード アメリカンエキスプレスカード
UCカード クレディセゾンカード イオンクレジットカード NICOSカード DCカード


業務用大型システムにつきましては支払い条件も含めて個別にお見積もりをさせていただきます。


【個人情報の取扱】
氏名・住所・メールアドレスなど、 お客様の個人情報は、お問合せや商品の発送業務に必要な場合、 及び当店からお送りするメールのみに限らせていただいております。 これらの情報は当店において厳重に管理したします。



-別商品のご紹介-

ソーラー電源式接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)
ソーラー電源式接点入力型無線通報システム(特定小電力無線))

接点信号を監視する無線送信機はソーラー電源方式。屋外、コンセントの無い場所でも設置できます。
通信距離100〜300m。
遠隔送信機は設備信号(無電圧a接点信号)を受けて、受信機へ無線送信します。 電波を受けた受信機は回転灯を作動させたり接点信号の出力を行います。 受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。


ソーラー電源式接点入力型無線通報システム(特定小電力無線)




販売者
株式会社 LIBERO
〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2
TEL(0765)24-2816
FAX(0765)24-2793
販売担当責任者 中田康志



特定商取引法に基づく表記

8接点信号監視自動無線通報システム(特定小電力無線接点伝送装置)のご質問、ご相談はこちらからどうぞ。お待ちしております。お見積もりは無料です。

あなたのお名前をどうぞ:
あなたのメールアドレスをどうぞ:
ご意見、ご注文:

お問い合わせ、ご注文の方はご住所をお願いいたします。
郵便番号:
都道府県:
ご住所(市町村以下):

お電話番号:

ご意見欄:ご質問、ご注文。

メールアドレスを再度ご確認願います。





長距離型無線呼び出し装置 近距離型無線呼び出し装置 接点信号で自動通報する自動呼び出し通報機 長距離無線式押しボタン呼び出しシステム
近距離無線式押しボタン呼び出しシステム 無線式パトランプ警告呼び出し装置 携帯電話網を使用した自動呼び出し通報装置 固定電話回線を使った自動呼び出し通報装置
メール呼び出し装置、テレコントロール ポケットベル ソーラー電源方式長距離型呼び出し装置 バッテリ電源式無線呼び出し装置 無線スイッチ操作の接点信号出力オンオフ操作装置
距離感知タイプの自動警報アラーム装置 無線警告装置 家庭向け近距離型呼び出し装置 近距離型呼び出しチャイム 安否確認、非常ボタン、生存確認、徘徊防止装置
電波や電話回線を使った防犯設備 電波による電源オンオフ遠隔操作 停電時も作動する緊急呼び出し設備
押しボタンの形状によって変わる無線呼び出しボタン設備 特定小電力無線呼び出しシステム、電源別の送受信機の組み合わせ
ワイヤレス設備導入例 ワイヤレス設備運用例 接点信号無線送受信機の電源種別の機器組み合わせ 携帯電話自動通報機




  • 無線パトランプ、接点無線転送装置、構内ポケットベル、呼び出し装置など省力化システムのご相談を承ります。
  • 無線リモコンスイッチ、ワイヤレス電源スイッチ、ソーラー式パトランプのご相談、ご質問を承ります。
  • ご家庭、事務所、店舗、工場、倉庫などでご利用いただける緊急通報装置、押しボタン非常システムのご相談を承ります。
  • ワイヤレス方式による異常監視装置、誘導装置、アラーム警報機のご質問を承ります。
  • お見積もりのご依頼は無料にて承っております。お気軽にご依頼下さい。
  • 弊社の商品は受注生産品が多く含まれています。屋外設置用防雨ケース仕様や電源(ソーラー式、バッテリ式、AC200Vなど)のご相談も承ります。
  • 弊社の商品は大がかりな配線工事、電機工事、取り付け作業の負担が少ない製品となっております。
  • お客様からの個人情報、お取り寄せいただいた内容は厳重に取り扱います。
  • ご質問には書面や電話、FAXにてご回答させて頂く場合もございます。
  • 土曜・日曜・祝日・年末年始休暇・夏季休業期間は、翌営業日以降のご対応となる場合がございます。あらかじめご了承下さい。


無線呼び出しシステムドットコム-ワイヤレスコールシステム、誘導警告システム
無線呼び出しシステムドットコム-ワイヤレスコールシステム、誘導警告システム
工場や店舗、倉庫、ホールなどの係員呼び出しや緊急通報、非常ボタン。 省力化に役立つ機械接点信号による無線呼び出しシステム。 特定小電力無線を使った長距離型押しボタン無線呼び出し機、微弱無線を使った近距離型無線呼び出し機。 固定電話回線や携帯電話網を使ったコールシステム。無線式緊急呼び出しシステム。




内容の無断転載を禁止します。




.