本文へスキップ
1
飲食店の緊急通報押しボタンのコスト削減、警備会社からの切り替えの検討案に外部緊急通報型非常ボタン。

固定電話を使った外部通報型非常ボタンシステムへのご質問

飲食店の緊急通報押しボタンのコスト削減、警備会社からの切り替えの検討案に外部緊急通報型非常ボタン。

(以下 ご質問への回答)

以下のような簡単な買取式緊急押しボタン装置を組むことができます。

外部通報型非常ボタンシステム(固定電話回線を使った自動通報装置)

お手元の非常通報ボタンを押すと、 店内で威嚇音を発しながら予め登録された店長さんなどの責任者に携帯電話などへ異常を告げるアナウンスを自動的に流します。

さらに、緊急電話通報と連動して警報機以外に複数箇所で100デシベルの警告アラーム音を鳴らすこともできます。
緊急電話通報と連動して警報機以外に複数箇所で100デシベルの警告アラーム音を鳴らすこともできます



緊急電話通報の際は、今お店でご利用中の固定電話回線を一次的に使って通報しますので、 本システム用に別の月々の経費はかかりません。

非常ボタンを押すたびに1回10円程度(目安-通報先によって変わります)で機械が指定の電話番号へ自動的にコールする運用イメージとなります。
※電話料金は、通報先の電話の種類、お客様の電話料金プランによって変わります。 電話料金は電話会社からの請求となります。

上のシステムのご予算ですが基本セットで約9万円(初期費用のみ。ランニングコストは不要。)ほどとなっております。


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

外部通報型非常ボタンシステム(固定電話回線を使った自動通報システム)

お手元の非常通報ボタンを押すと100デシベルの警報ブザーを鳴らしながら自動的に登録された電話番号へ異常を告げる音声アナウンスを流します。
同時に複数の場所で警告アラーム音を鳴動させることができます。

お手元の固定電話回線を使って通報しますので、月々の経費はかかりません。
介護の現場、女性だけになる事務所や店舗、飲食店、学校や保育園などの防犯対策に。

外部通報型非常ボタンシステム(固定電話回線を使った自動通報システム)
押しボタン操作で担当者の携帯電話へ自動的に緊急事態発生を知らせる音声アナウンスを流すイメージ図。
上のイメージ図では、警告アラーム音は警報機本体と無線式フラッシュブザーの2カ所で作動します。
フラッシュブザー、フラッシュランプは警報機から発信される電波が届く範囲内で何台でも増やすことができます。