本文へスキップ

近距離無線式接点信号フラッシュブザー警告システム の利用例と導入例。ご相談例。応用品のご紹介。

近距離無線式接点信号フラッシュブザー警告システムの利用例と導入例、ご相談事例、応用品のご紹介。


騒音のある現場で作業する社員の地震対策として地震速報機が作動すると同時に光と音で知らせたいと考えています。無電圧接点のある地震速報機にフラッシュブザーを接続したいと考えています。

無線発信機の外部入力が短絡したら、フラッシュブザーが鳴動。無線発信機の外部入力が開放したら、フラッシュブザーが停止(待機状態)。

使用目的としては、遠隔地(10m程度)での装置置トラブル発見です。
【客先装置(トラブル)-接点信号-送信機-受信機】
上記のイメージで遠隔地で早期発見できればと思います。

機器トラブル発生時に機器より無接点信号を受け取り離れた場所の担当者へ無線で異常を知らせる様にしたいと考えています。機器は1台のみで担当も10m程度離れた場所の1名なので費用は掛けたくありません。






微弱無線式接点信号フラッシュブザー警告システム

無線送信機に接点信号が入力されると自動的に無線式フラッシュブザー(ブザー+LEDの点灯)を作動させます。

無線送信機能付きの無線送信機に接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると電波を発信。 数十m離れた場所の無線受信機能の付いた点滅ブザーが作動します。 既設の設備の異常を報せる簡易な警報システムに。
警報ブザー音の音量は100db。接点〜ブザーまでの通信距離10〜20m前後。
無線方式ですので設置位置を自由に設定できます。 送信機の電源:電池式、受信通報機の電源はAC100Vです。

無線式接点信号フラッシュブザー警告システム

1台の無線送信機を使って2カ所の無線式フラッシュブザーを鳴動させるイメージ図。
2台のブザーに1台の無線スイッチから動作指示を行います。
1台の無線送信機を使って2カ所の無線式フラッシュブザーを鳴動させるイメージ図


無線送信機+無線式フラッシュブザーの複数セットで御利用いただくイメージ図。
無線送信機1、無線送信機2がそれぞれ別の点滅ブザーを作動させ、どの機械からの送信かを識別します。
無線送信機1、無線送信機2がそれぞれ別の点滅ブザーを作動させ、どの機械からの送信かを識別します


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ



本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内