本文へスキップ

無線センサー感知式タイマー内蔵パトランプ警告システムへの質問と回答、Q&A集。

無線センサー感知式タイマー内蔵パトランプ警告システムへのご質問と回答


赤外線センサーの誤作動が急に多くなりました。原因は何が考えられるでしょうか?
赤外線センサーの電池の保ちは6ヶ月間が目安となっています。
電池の消耗度合いは感知する回数によって変わりますが、ほとんど感知しなくても徐々に電池を消耗していきます。電池の電圧が下がってくると誤作動の起きる場合があります。もし急に誤作動と思われる現象が増え始めた時は、まず電池を交換してお試しをいただければと存じます。


5つのモーションセンサーのどれかが人の動きを感知すると2か所同時にパトランプを回転点灯させたい。

10m先まで検知できる無線パッシブセンサーはないですか?



無線式開閉センサーの取り付け方法。
無線式開閉センサーの取付方法

上 無線式開閉センサーのよい取り付け例。
センサーを横から見ると磁石が隠れるような状態です。
磁石の平たい面がセンサー本体のスイッチ部分に密着する感じの位置関係です。

磁石とセンサー本体の接触部分の隙間が1p以上離れると、扉が開いたと認識します。

ご注意
無線式開閉センサーは内部のアンテナの位置関係で、 センサーを横向きに取り付けた場合、 もしくはセンサー本体をドア側(動く方)、磁石を枠側の方に接着した場合も 電波の飛ぶ距離が短くなる事がございますのでご注意ください。

無線式開閉センサーの取付方法
無線式閉め忘れ防止センサーの良くない取り付け例。
センサー本体と磁石の接触面に、左右上下にずれや隙間ができている取付例。

磁石の平たい面が一番磁力が強くなります。磁石が2つ見える面。
磁石の平たい面が一番磁力が強くなります。


標準磁石をご利用の場合は扉を閉めたときに、磁石とセンサーの間の隙間が1センチ以下になるように接着してください。

1センチ以上の隙間や段差が発生する時は棒形の磁力の強い大型磁石をおすすめします。業務用の大型冷蔵庫、冷凍庫では大型磁石のご利用をおすすめします。
大型磁石

業務用の大型冷蔵庫、大型冷凍庫の扉の接着面に段差のあるため、扉を閉めてもセンサー本体と磁石が密着しない場合。
磁力の強い専用の大型マグネットを使用すると、少し段差や隙間があってもセンサーに磁力が届きます。

大型マグネット(追加オプション品)
サイズ 縦50ミリ×横15ミリ×高さ15ミリ
磁力は最大3センチ先まで届きます。

大型磁石裏面の接着用両面テープ
大型マグネットの裏面には接着用の両面テープが付いています。



設置上のご注意
電波はリモコンと受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
鉄筋コンクリート造りの建物内でご利用の場合は、廊下などつながった空間や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間を利用してご利用ください。
機器は金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所でのご利用の場合は中継機の御利用をご検討ください。




無線センサー感知式タイマー内蔵パトランプ警告システム

各種センサーが感知すると少し離れた場所で回転灯やランプを一定時間駆動して警告、注意を促します。

防犯対策、工事現場や作業場などでの作業員や歩行者への安全喚起、労災防止にもご利用いただけます。

無線センサー感知式タイマー内蔵パトランプ警告システム



本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ

本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品への追加オプション機器
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内