本文へスキップ

ソーラー電源式接点信号監視無線自動通報システム(特定小電力無線接点伝送装置)の利用可能なオプション機器のご紹介。

オプション機器のご紹介-ご利用をご希望の際はご相談ください。


直径100ミリ小型LED表示灯(有線機器-受信機に接続して使用します)
小型LED回転灯
標準的な一般によく利用されているサイズの回転灯です。
株式会社デジタル製(前アロー株式会社製)。

回転灯の光鷹を調節するつまみ
調節つまみで回転、点滅、フラッシュの閃光パターンを選べます

光源がLEDなので長寿命で振動にも強くメンテナンスフリーで省電力。
ボディはアロイ樹脂、グローブはポリカーボネート樹脂を使用しています。 ラバーベースがセットされています。
ブザー無しタイプの保護特性IP65(正方向取り付け時)。
ブザー内蔵タイプの保護特性IP23(正方向取り付け時)。

ブザー内蔵タイプの音量は最大90dB。
外部音量調節ツマミで約70〜90dbの間で調節可能。
保護特性IP23(正方向取り付け時)。
電源はAC100V(家庭用コンセント)が必要になります。

4色から回転灯の色を選べます。
回転灯の色は4色からお選びいただけます。

受信機と回転灯の接続方法の例
受信機内部の端子台に回転灯の電源ケーブルや信号線を接続してしっかりと固定します。
接続部の穴の上にある白い長方形の押しボタンを細身のドライバーで押し込みます。ボタンを押し込んでいる間に回転灯の電源ケーブルの先端を、丸い穴の奥までしっかり差し込んでからボタンを放すと電源ケーブルが固定されます。細身のドライバを使うと作業がしやすいです。同様にもう一本の電源ケーブルも固定します。電源ケーブルに左右の極性はありません。
無線受信機と回転灯の電源ケーブルや信号線の接続方法
※回転灯は全て手取り寄せ品になります。標準的な回転灯の弊社への入荷は10日前後となります。機種や色によっては2,3週間前後のご猶予をお願い申し上げます。





ソーラー電源式接点入力型無線通報システム(特定小電力無線))
送信機はソーラー電源方式。コンセントの無い場所でも設置できます。
遠隔送信機は設備信号(無電圧a接点信号)を受けて、受信機へ無線送信します。 無線通報を受けた受信機はブザーとならしたり回転灯を作動させて周囲に異常を知らせます。
送信機〜受信機までは長距離無線で信号を送りますので自由に機器のエリアを設定できます。
受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。

ソーラー電源式接点入力型無線通報システム(特定小電力無線)


本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品の利用例と応用品
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内