本文へスキップ

接点信号監視自動無線呼出ポケットベルの利用例と導入例。応用品のご紹介。

接点信号監視自動無線呼出ポケットベルの利用例と導入例、応用品のご紹介。



屋外にいる人を呼び出し。
独立した送信アンテナをケーブルで伸ばして、建物の屋上や外壁など外に取り付けます。
屋外の人や車の中の人を呼び出す事ができます。
ガラス面は電波を通しやすいので、車内の方はポケットベルを呼び出し側建物方向の窓ガラス越しの置かれることをおすすめします。




通信環境
利用環鉄筋コンクリートや鉄骨造りなど金属を使った建物内では電波が遮断され、 通信距離が100m以内になる場合があります。
送信機と受信機の間の障害物の有無などの使用環境によって通信距離は変化いたします。
電波は送信機と受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
送信機と受信機が屋内と屋外の場合、建物自体の壁が電波を遮断する可能性が高くなります。
その場合、独立アンテナを建屋の外に出すなどして電波を受信しやすくする設置方法をご検討ください。
独立アンテナはできるだけ見晴らしのいい場所、大きな工場の場合は天井付近の高い位置に設置してください。
鉄筋コンクリート造りの建物内に送信機、受信機を設置する場合はつながった通路や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間にアンテナを出すなどして設置してください。
送信機、受信機、アンテナは金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所は中継機の御利用をご検討ください。


接点信号が入力されると無線呼び出し。接点作動型無線呼出ポケットベルシステム
機械が停止したときなどトラブル発生時など、接点信号(無電圧a接点)が送信機に入力されると自動的に電波を送信し、 ポケットベルで担当者を呼び出すものです。 呼び出し送信機から直接電波でポケットベルを呼び出しますので、 電話会社は介しませんのでランニングコストはかかりません。
ポケットベルには、アラーム式と振動式(バイブ式)に2種類をご用意できます。
通信距離平均100〜200m。
送信機に無電圧a接点信号が入力されると電波を自動送信します
送信機に無電圧a接点信号が入力されると電波を自動送信します。



本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ


本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内