本文へスキップ

押しボタン式無線パトランプ緊急連絡装置(特定小電力無線)の利用例と導入例。ご相談事例。応用品のご紹介。

押しボタン式無線パトランプ緊急連絡装置の利用例と導入例、ご相談事例、応用品のご紹介。


照明用の分電盤にて点灯制御させている屋外照明を、遠隔にて手動点灯させるシステムを探しています。

工場内の機械にボタンを設置し、異常が起きたら事務所内で分かるようにしたいと思っております。

1階で作業者が1人で作業していることもあり、緊急時に1階の作業者から2階の事務所にいる社員に緊急ボタンにより緊急事態を伝えるしくみを構築したいと考えております。

水槽の水位によるポンプ制御。水槽水位が下がればポンプオン、水位が上がればポンプをオフに制御をしたい。水槽とポンプ位置距離は約200bです。
水槽水位低下→ポンプON運転 水位上昇→ポンプOFF。これの繰り返しです。
制御ポンプ用マグネットスイッチを無線で遠隔制御したい。

コンテナヤード内でのトラックとテナー(大型門型移動式クレーン)の衝突事故を防止するために手動で回転灯で警戒したい。

ランドリーの照明を道を隔てて無線でオンオフしたいのですが、いい商品はないですか?

パトランプ 赤、黄色 各2個 屋外設置し、施設内のボタンで遠隔操作したいと思っております。

結婚式のチャペルにて、正面に設置されている十字架用照明を約20m離れた音響制御室よりコントロールしたいのですが、可能でしょうか?

お客様で騒音のすごいところでの呼び出しにパトライト&音での1体1での呼び出しによさそうだと思いこちらを見つけました。

事務所から離れた自動ドアを電波で遠隔操作できないしょうか?
事務所(鉄筋)→50m(駐車場)→店舗の自動ドア(プレハブ)の遠隔操作

食品の製造会社ですが、工場から約200m(中間に森が有ります)離れた倉庫へ出荷の
指示を無線押ボタンシステムにて検討がしたいと考えています。

手動スイッチからのワイヤレス送信で2か所同時に信号灯を作動したいのですが、同一チャンネルで送信機1台、受信機2台(入出力はAC100V)を希望します。

下記環境で使用する際の必要品及びお見積りをお願いいたします。
条件
@手元ボタンで離れた位置(約50m)の回転灯を点灯させたい。
A手元ボタンと回転灯は無線であること。
BA地点、B地点(2か所以上の拡張の可能性あり)の手元ボタンからa及びbの回転灯を任意に回転出来ること。2か所以上の拡張の可能性あり。

社内2フロア間で無線によるパトライトでお互いの障害発生を知らせたい。
・障害を通知する部署は5部署あり、5段式パトライトの色で部署分けしたい。)
・5段式パトライトは各フロア2か所に設置
・スイッチ(押しボタン送信機)は5か所

押しボタンを鉄道駅改札横の事務室に設置し、70m程離れた屋外のタクシー乗り場に無線式パトランプ警報システムを設置して誘導合図を行いたい。

内装装飾業者です。お客様より、入り口でスイッチを押したら50坪ほどの飲食店店内2ヶ所でパトランプが光ようにしてもらいたいという依頼を受けました。ワイヤレスが希望ですが100Vの電源は確保出来ます。

工場内の連絡用にワイヤレスチャイムを選定しております。他社の製品を試験的に納入してお客様に使用していただきましたが、80dB以下の音量ですと設備の音にかき消されて少々使いにくいようです。御社には100dBの音量もものも組めるようですで大変たすかります。
同じ工場内で送受信機1ペアを計八台の使用をお客様で現在考えておられまして、号の混信があると使用できないので、混信対策のあるシステムなのかも教えていただきたくお願い申し上げます。

非常ボタンで100m以上の場所で回転灯の点灯できるもの探しております。ボタンから回転灯は見えないところです。中継機が必要でしょうか?1セットでの価格、仕様(電源、点灯解除の仕方など)お知らせ頂ければ助かります。

直売所の運営をしていますが、お店部分と直売所部分に少し距離があり、忙しくて直売所で助けが必要な場合にボタンを押せば、事務所部分で回転灯が点滅するというようなシステムを探しています。業務連絡なので点滅する際、特にブザーなどの音は必要ありません。

現場事務所の壁またはデスクに押しボタン1台を設置、屋外休憩所二箇所にブザー付パトライト2台を設置します。押しボタンを押下すると、屋外休憩所2箇所に設置したブザー付回転灯を点灯させたいと思います。

工場構内において集荷荷物の有無を離れたところから確認したい。
押しボタンを押すと、押しボタンの傍で棒状のパトライトが点滅、離れたところでもパトライトが点滅し、荷物の有無を知らせる。
機器構成:押しボタン1台、パトライト2台

別棟の建物間で、窓越しに通信できますか?
ガラス窓は比較的電波をよく通します。独立送信アンテナと独立受信アンテナを、双方の窓ガラスの内側に設置して、ガラス越しで通信する事もできます。
※網入りガラスは電波を遮断する場合がございますのでおすすめできません。
ガラス窓は比較的電波をよく通します。独立送信アンテナと独立受信アンテナを、双方の窓ガラスの内側に設置して、ガラス越しで通信する事もできます。



複数台の押しボタン送信機+受信機1台。かつ、ランプのオンオフ操作は送信機側で行うタイプの応用例です。
送信機のオンボタン、オフボタンはそれぞれ自動復帰型押しボタン(モーメンタリ式押しボタン)を使用します。自動復帰型押しボタンを押すと、送信機からオン用、オフ用のワンショット信号が発信されます。発報した送信機を識別できる用に積載式表示灯の別々の色が点灯消灯します。
オンボタン、オフボタンはそれぞれ自動復帰型押しボタン(モーメンタリ式押しボタン)を使用します。自動復帰型押しボタンを押すと、送信機からオン用、オフ用のワンショット信号が発信されます。積載式表示灯の別々の色が点灯消灯します。



複数台の押しボタン送信機2台+受信機3台。
2台の押しボタン式送信機で3台の受信機+パトランプを中継機を介して無線操作します。
押しボタン1と2の操作で3台のパトランプが一斉にオンオフ切り替わります。
中継機無しでも可能です。
中継機をご利用の際は個別に配置などをご相談ください。
2台の押しボタン式送信機で3台の受信機+パトランプを中継機を介して無線操作します。



1台の特定小電力無線送信機に複数の独立押しボタンボックスを設ける製作例。
以下のイメージ図 - 1台の送信機に3つの独立ボタンボックスをつけたイメージ図。
押しボタンボックスのいずれかのボタンが押されると、受信機に向けて特定小電力無線送信機より電波が発信されます。
ボタンはロック式押しボタン。全ての押しボタンがリセットされると電波が停止します。
1台の送信機に3つのボタンボックスをつけた例。押しボタンボックスのいずれかのボタンが押されると、受信機に向けて特定小電力無線送信機より電波が発信されます。



1台の特定小電力無線発信機を使って、1台の受信機の接点信号出力2個を別々にオンオフ操作します。発信機側では、目印として接点1がオンの時は赤ランプ、接点2がオンの時は緑ランプが回転します。押しボタン他全て自動復帰型押しボタン。
1台の特定小電力無線発信機を使って、1台の受信機の接点信号出力2個を別々にオンオフ操作します。発信機側では、目印として接点1がオンの時は赤ランプ、接点2がオンの時は緑ランプが回転します。


押しボタン式緊急発信機と接点信号監視用の発信機を1システムで監視する導入例のイメージ図。押しボタン監視と接点新号監視を1システムで行います。ご予算は個別にお見積もりを算定させていただきます。
押しボタン式緊急発信機と接点信号監視用の発信機を1システムで監視する導入例のイメージ図。


無線送信機と受信機の間に2台の中継機を介して遠くまで電波を届かせるイメージ図。
携帯発信器と受信機の間に2台の特定小電力無線中継機を入れて電波の届く距離を伸ばすイメージ図


1台の押しボタン送信機から2台の受信機+回転灯を一斉操作するイメージ図。内、受信機1台は中継機を介して電波を受信機まで着信させます。
1台の押しボタン式特定小電力無線送信機から2台の受信機+回転灯を一斉操作するイメージ図。うち、受信機1台は中継機を介して電波を受信機まで着信させます。


1台の受信機で複数台の送信機の電波を受信する例。イメージ図では、送信機の1台は中継機を介して受信機に電波を流し、1台は中継機を介さずに直接受信機に電波を着信される構成です。
受信機に、発報した送信機識別用のLEDをつける事もできます。
1台の受信機で複数台の送信機の電波を受信する例。イメージ図では、送信機の1台は中継機を介して受信機に電波を流し、1台は中継機を介さずに直接受信機に着信される構成です。



本システムは受注生産品です。使用目的に応じて以下のような仕様のご相談を承ります。下記の送信欄からお問い合わせください。
システムの電源:AC100V、AC200V、ソーラー電源方式、充電バッテリ式など。
屋外設置用の防雨ケース仕様のご相談を承ります。
送信部、受信部とも複数台での御利用の場合のご相談を承ります。
個別のお見積もりのご依頼は無料にて承っております。
事前の通信テストのご相談。



押しボタン式無線パトランプ緊急連絡装置(特定小電力無線)
固定式の無線押しボタンを使って100〜300mほど離れた受信機側でパトライトや警告ブザーの鳴動、もしくは接点出力を行います。
工場や作業場、倉庫やホール、研究施設、学校、大型店舗などでご利用いただいております。
業務上の緊急連絡、非常通報、保守担当者の呼び出し。係員や担当者、自動車
の誘導などに御利用いただけます。
送信機、受信機ともコンセントに差し込むだけで設置可能。面倒な有線配線工事は必要ありません。

   押しボタン式無線パトランプ緊急連絡装置無線式の緊急呼び出しボタンを押すと数百m離れた

や受信機側でパトライトやブザーの鳴動




通信環境
利用環鉄筋コンクリートや鉄骨造りなど金属を使った建物内では電波が遮断され、 通信距離が100m以内になる場合があります。
送信機と受信機の間の障害物の有無などの使用環境によって通信距離は変化いたします。
電波は送信機と受信機が同じ建物内のつながった空間ですと届きやすくなります。
送信機と受信機が屋内と屋外の場合、建物自体の壁が電波を遮断する可能性が高くなります。
その場合、独立アンテナを建屋の外に出すなどして電波を受信しやすくする設置方法をご検討ください。
独立アンテナはできるだけ見晴らしのいい場所、大きな工場の場合は天井付近の高い位置に設置してください。
鉄筋コンクリート造りの建物内に送信機、受信機を設置する場合はつながった通路や大きなフロアなど電波が遠くまで飛ぶ空間にアンテナを出すなどして設置してください。
送信機、受信機、アンテナは金属面(壁、鉄骨)直接接着しないようにしてください。送受信感度が下がります。
金属面に機器を設置する場合はプラスチックや木製の台座を間に挟んで10センチ以上は金属面から離してください。
シールドルームや地下室など電波の伝播状況が良くない場所は中継機の御利用をご検討ください。



本製品トップ頁
本製品の利用例、応用品
追加オプション機器
商品への質問と回答
製品の価格
商品のお問い合わせ
会社案内
弊社HPトップ頁へ





本製品のご紹介トップ頁へリンク
本製品への追加オプション機器
本製品へのご質問と回答集
本製品の価格
本製品の問い合わせ、注文、お見積もりのご依頼

長距離無線送受信機100〜300m


近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例

会社案内