トップページ>> 太陽電池式遠隔パトライト警報システム>>

無線スイッチ操作で離れた場所の電光掲示板をガードマンが操作する商品を探しています。


工事入札で課題が安全管理なので、御社の無線連絡システム(特定小電力無線システム)を使いたいと思っています。 各種条件について、下記に列記しますので、ご確認いただき見積もりをいただけないでしょうか。

1.スイッチ操作で、100m離れた場所の電光掲示板のオンオフ操作をする。操作はガードマンが行う。
2.小型電光掲示板で表示するのは定型文でよい。
3.ガードマンがスイッチはオンとオフの操作ができるものとする。
4.電気が無い場所で使用するのでソーラー式とする。
5.稼働時間は作業日ごとに8時〜17時までの約9時間(日中のみ)。
6.2セット使用したいので、スイッチが混線しない仕様とする。

---------------------------------------------------------

以下のシステムで検討をさせていただきました。
太陽電池式パトランプ無線警報システム

1.ロック式押しボタン付き発信機は電池式となっております。
  携帯電話サイズのピン引き抜きスイッチタイプと押しボタン方式。押しボタン方式の発信機は防雨ケースになります。
ピン引き抜きスイッチタイプ
ピン引き抜きスイッチタイプ

押しボタン方式の発信機
押しボタン方式の発信機



2.受信機はソーラー電源方式。
  内部には電光掲示板をつなぐDC12V電源出力端子台内蔵。
  上の押しボタン送信機の操作で電光掲示板の電源のDC12V電源のオンオフ操作が行われます。

ソーラー電源式特定小電力無線受信機
ソーラー電源式特定小電力無線受信機。電光掲示板の電源線を接続します。

3.ソーラーパネル1枚ですと、受信機からオンオフ操作できる電源はDC12V 最大10W程度までとなります。
  接続する電光掲示板によって消費電力は異なると思います。
  10Wで足りない場合は、ソーラーパネルの枚数を増やす、   また充電回路のバッテリを大型のものに変更するなどが必要となります。

4.当システムは4チャンネルまで設定できますので混信することはございません。




商品ご紹介のページはこちら。

ソーラー電源式遠隔パトライト警報機
太陽電池式遠隔パトライト警報システム(電池式押しボタン送信機の操作によるソーラー電源式ワイヤレス回転灯警告装置)
電池式の押しボタン送信機のスイッチのオンオフ操作で、数百m離れたワイヤレスの回転灯が作動します。 受信機と回転灯はソーラー電源式ですので設置場所にコンセント(電源) は必要ありません。

工事現場や作業場、トラックやダンプカーの出入り口、駐車場などの屋外での警告システムにご利用いただけます。 その他、屋外の遊技場、遊園地などで、係員やお客様の誘導システムにもご利用いただいております。


太陽電池式遠隔パトライト警告装置。電池式無線ボタン操作で数百m離れたソーラー電源式回転灯が作動オンオフ操作を行います。ソーラー電源式遠隔パトライト警報機。 ソーラーパネルは日中は常に直射日光の当たる場所に設置してください。

長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線送受信機

充電バッテリ電源式無線送受信機

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切り替え遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。




..