トップページ>> 太陽電池式遠隔パトライト警報システム>>

雨天・曇天の状態での使用で電源供給に問題が有りますか?問題が有るようならばソーラー電源+バッテリー電源の混合は可能でしょうか?


パトランプ付き受信機の中にはソーラー発電による充電回路と大型式バッテリが内蔵されています。
日中に発電された電気は一旦バッテリに蓄電されます。 送信機のボタンやスイッチが押されると、バッテリからパトランプへ電源供給する仕組みとなっております。


受信機の内蔵バッテリの保ち時間ですが、
1日あたりのパトランプの回転する時間の長さ
昼間のみの使用か、夜間の使用もあるか?
などの条件によって変わります。


LEDを使った省電力パトランプを使った場合、 フル充電状態のバッテリですと、
待機状態で約5日間(充電が全くされず回転灯も回らない状態)
パトランプの連続駆動可能時間 約5時間
となっております。
ソーラーパネルは日中は常に直射日光に当たる位置に設置してください。

※2014年9月現在



商品ご紹介のページはこちら。

ソーラー電源式遠隔パトライト警報機
太陽電池式遠隔パトライト警報システム(電池式押しボタン送信機の操作によるソーラー電源式ワイヤレス回転灯警告装置)
電池式の押しボタン送信機のスイッチのオンオフ操作で、数百m離れたワイヤレスの回転灯が作動します。 受信機と回転灯はソーラー電源式ですので設置場所にコンセント(電源) は必要ありません。

工事現場や作業場、トラックやダンプカーの出入り口、駐車場などの屋外での警告システムにご利用いただけます。 その他、屋外の遊技場、遊園地などで、係員やお客様の誘導システムにもご利用いただいております。


太陽電池式遠隔パトライト警告装置。電池式無線ボタン操作で数百m離れたソーラー電源式回転灯が作動オンオフ操作を行います。ソーラー電源式遠隔パトライト警報機。 ソーラーパネルは日中は常に直射日光の当たる場所に設置してください。

長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線送受信機

充電バッテリ電源式無線送受信機

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切り替え遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。




..