無線呼び出しシステムドットコム>> シルウオッチ>>

シルウオッチ送信機を設備装置毎に設置、又はライン毎に設置する場合のメリット・デメリットについて教えてください。



(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


送信機と受信機の仕組みですが、1回呼び出し(1サイクル)を行うと、受信機は約5秒間呼び出されます。
※腕時計受信機の場合には5回振動します。


ご注意点ですが、携帯受信機が呼び出されている最中に 同一グループ内の他の送信機が作動しても、受信できないことです。
例えば、
腕時計受信機の場合、5回振動している間は他の送信機の呼び出しは受け付けま せん。振動が停止してから着信の呼び出しには反応します。


2接点信号用送信機も同じような動きをします。
先に入った接点信号で呼び出し中(約5秒間)の間にもう一方の接点信号が入っても動作しません。 先に動いた呼び出しが終了した後、入った接点信号に送信機は反応します。


そのため、同時に呼び出しが発生する可能性が多い場合には、 送信機+受信機のグループ数を増やして、 呼び出しの着信漏れが無いようにすることをおすすめいたします。



商品ご紹介のページはこちら。


シルウォッチ−携帯型受信機呼び出しシステム
シルウォッチ−携帯型受信機呼び出しシステム

腕時計型の携帯タイプの受信機を手動の押しボタン操作による呼び出し、もしくは接点信号の入力による自動呼び出しができます。
ポケットベルに変わる工場や各種施設、防犯、緊急通報装置。さまざまな場面で活用できる通信情報システムです。

シルウォッチは機械・装置などと連動して、振動・音・文字などで腕時計型受信器へ情報を届けるワイヤレスコールシステムです。 騒音の激しい製造工場や工事現場、静寂が必要なホールなど各種施設で情報通達から店舗等での無線連絡にも御利用いただけます。

大型店舗、ホール、野球場、大型事業所、工場の生産ライン、倉庫などでの担当者の呼び出しや緊急連絡。 担当者呼びだし用の携帯通信機器として様々なニーズにご提供できます。

通信距離100〜150m。携帯タイプの受信機に電波の届く範囲を広げる中継機リピーターを追加することもできます。

送信機はリレー接点信号(無電圧接点)で腕時計受信機等の携帯受信機を自動呼び出しをすることができますので、 設備監視にもご利用いただけます。


シルウォッチ−携帯型受信機呼び出しシステム
省力化に貢献、生産性の向上、無駄ロスの排除、ミスの防止と迅速なトラブル対応などにご利用いただけます。


シルウォッチ−複数台の腕時計型受信器、携帯型光受信器を1台の送信機で一斉に呼び出す事ができます。
複数台の腕時計型受信器、携帯型光受信器を1台の送信機で一斉に呼び出す事ができます。


シルウォッチ−シルウオッチの送受信機を同一工場内や同じフロア内で混信のしないグループを作って使用することもできます。
シルウオッチの送受信機を同一工場内や同じフロア内で混信のしないグループを作って使用することもできます。


長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源

充電バッテリ電源

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切替遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。




..