本文へスキップ
1
コンクリート造の建物で、携帯電波発信器から受信器までの無線到達距離はどのくらいでしょうか?

構内用携帯型無線式緊急通報システムへのご質問

コンクリート造の建物で、携帯発信器から受信器までの無線到達距離はどのくらいでしょうか?
弊社の事業所(24時間の維持管理業務)での各種点検業務で、 一人作業中に時、社内のどこかで事故等が発生した場合の センター(時には外部への電話連絡)等への緊急通報が出来るシステム導入を考えています。

(以下 ご質問への回答)

無線システム全般に共通する話ですが、 建物構造や部屋、廊下などの間取りによって通信可能距離は長短変化いたします。
鉄筋コンクリート造りの建築物は特に堅牢で電波が通りにくい建物構造ですので、 テナントビルやマンションのように細かく仕切られたお部屋がたくさんあったり 送信側と受信機の間に鉄筋の入った壁を挟む、また階差のある場合は ストレートに電波を届かせるのことのできるエリアは限られるかもしれません。

本商品の受信機は受信アンテナを独立させて電波の受信しやすい位置に設置することができます。
さらに、別に中継機を入れて通信距離を延長する事が可能ですが、 遠くまで突き抜けた空間の廊下や上下に繋がった階段室などにアンテナを出すなどして、 電波を遠くまで流すように機器を配置してお試しいただくことをおすすめします。

なお、受信機には自動電話通報機やメール自動通報装置を接続して、予め指定された電話番号へ緊急連絡を行うことができます。



商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

構内用携帯型無線緊急通報システム(電池式携帯無線送信機+パトランプによる警告)

持ち歩きできる携帯電話サイズの小型電波発信機(スイッチ)で離れた事務所や警備室へ緊急事態発生を連絡します。
業務連絡にもご利用いただけます。

携帯電話サイズのピンスイッチ式緊急無線発信機
小型携帯発信機のピンスイッチを抜くだけで警報が作動、受信機に向けて直接電波で通報を行います。
携帯発信機からの電波を受けた受信機は接点信号のオンオフ、回転灯やパトランプの作動を行います。

移動式特定小電力無線送受信機。通信距離100〜300m。

ピン引き抜きスイッチの他に押しボタン式の電波発信機もご利用いただけます。


携帯電話サイズの小型電波発信機で100〜300m離れた事務所や警備室に向けて緊急連絡を行います
(用途)
工場内や倉庫内での作業中の緊急通報と労働災害防止対策。一人作業時の安全対策、緊急連絡に。

担当者や店員、係員の呼び出し。大型ホール、大型店舗、野球場、テストコース、
大学、研究施設、市場、港湾施設、移動する工事現場など様々な場所でご利用いただいております。


バナースペース

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例



株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793