本文へスキップ
1
太陽電池式パトランプ受信機と充電バッテリ式受信機のメリット、デメリットはなんですか?

ソーラー電源式遠隔回転灯警告システムへのご質問

電源の無い場所に回転灯(サイレン付)を設置する場合の見積りのお願いです。
送信場所(現場事務所、保持型ボタン)→受信場所(現場ゲート200m程度)

上記の条件で
1.パトランプの電源がソーラー電源タイプ  
2.パトランプの電源が充電バッテリ式

1.2のメリット、デメリットをお願いします。

(以下 ご質問への回答)

ご質問をいただきましたメット、デメリットの件ですが、 以下のような点がございます。

ソーラー電源式パトランプはソーラーパネルを直射日光の当たる壁や金属ポールなどにしっかり固定しなければいけませんので、 後日の移設が難しくなります。
※ソーラーパネルは高い位置、日中は常時直射日光の当たる位置に設置します。日陰になる時間帯のある位置はおすすめできません。


また、ソーラーパネル自体の重量はさほど重くありませんが面積が大きいので、強い風を受けるとふられやすくなりますので、 壁や金属ポールなどにクランプなどを使ってしっかり固定する必要がございます。
現在弊社で使用しているソーラーパネルの大きさは、おおよそ60センチ×30センチ程度のものをよく使用しています。


充電バッテリ方式は受信機の移動が簡単ですが、 定期的に受信機を事務所に持ち帰って充電をする手間がございます。スペアのバッテリを所持して、バッテリのみを交換する運用方法も可能です。

またご利用中の中で移動するにつれて、送信側から見て受信機が建物や壁の影に隠れたり電波が届かない位置関係になる可能性がありますので、 お仕事を始められる前に必ず通信テストされる事をおすすめいたします。


商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

ソーラー電源式遠隔回転灯警告システム

据え付け式の押しボタン送信機のボタンを押すと100〜300m離れたソーラー電源式パトランプが作動し回転します。

受信機と回転灯はソーラー電源で動きます。回転灯の設置場所にコンセント(電源ACV100V)は必要ありません。

受信機と回転灯は防雨仕様です。
駐車場や公園、作業場、港、工場の敷地内の緊急呼び出し、係員や社員の呼び出し、 交通誘導、お客様への対応の運営効率の向上、省力化にお役に立てます。

工事現場や作業所、トラックやダンプカーの出入り口、駐車場などの屋外でご利用いただけます。 その他、屋外の遊技場、遊園地などで、係員やお客様の誘導システム、警告システムにもご利用いただいております。

ソーラー電源式回転灯遠隔操作呼び出し警告設備のイメージ図

ソーラー電源式回転灯遠隔操作呼び出し警告設備の導入例
受信機と回転灯はソーラー電源で動きます。


バナースペース

長距離無線送受信機100〜300m

近距離無線送受信機10〜20m

接点信号自動通報装置

無線押しボタン100〜300m

無線押しボタン10〜20m

タイマー内蔵無線送受信機

無線式パトランプ

携帯電話網を使った自動通報装置

固定電話網を使った自動通報装置

メール自動通報装置

ソーラー0電源無線送信機

充電バッテリ式無線通報機


接点信号出力遠隔操作装置

距離検知式自動警報装置

各種警報装置


ポケットベル


安否確認、徘徊警告装置

電源オンオフ遠隔操作


停電時も作動呼出装置


ボタン形状で選ぶ無線呼び出し装置

特定小電力無線の組み合わせ

緊急通報機導入例

無線アラーム導入例



株式会社LIBERO

〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2

TEL 0765-24-2816
FAX 0765-24-2793