本文へスキップ
1
事務所から離れた複数箇所の受付の訪問者をランプなどで識別する無線システムは無いでしょうか?

長距離無線式呼び鈴システム(特定小電力無線) へのご質問

約50m四方ぐらいの倉庫でお客様が外から入る出入り口が2箇所あります。
お客様がスイッチ(呼び鈴)を押すと、事務所で来客がわかり、かつ、 どこからの入口の訪問者かを色の違うパトライトの回転などで識別できる無線システムを探しております。
それぞれの入り口は事務所からかなり離れています。

(以下 ご質問への回答)

以下のような長距離無線式の呼び鈴システムがございます。
長距離無線式呼び鈴システム(特定小電力無線)

1.呼び鈴付き無線送信機2台(出入り口2箇所にそれぞれ1個づつ設置します。)
呼び鈴が押されると長距離無線による電波送信が行われます。

特定小電力無線 通信距離100〜300m

2.事務所 無線受信機+回転灯
受付の呼び鈴からの電波を受けると回転灯(パトランプ)が回ります。
回転灯を止めるときは、受信機のリセットボタンを押します。


遠隔受信機の表蓋に押された2つの呼び鈴のどちらが押されたかを示す識別用の小型赤色LEDを2つ付けます。

受信機のどの赤色LEDが点灯しているかを見て、 受付2カ所のどちらの呼び鈴が押されたかを識別することができるようになります。
同時に周囲に来客を知らせるパトランプを回します。2カ所の出入り口に合わせて色違いのパトランプを2個、受信機に接続する方法もあります。

受信機の表面には、来客確認後の回転灯のリセットボタン(停止ボタン)付き。

商品の詳細なご紹介ページはこちら!
 

長距離無線式呼び鈴システム(特定小電力無線)

長距離無線電波方式の呼び鈴ボタンを押すと数百m離れたやパトランプ回転灯が回転し、ご担当者を呼び出しや緊急連絡に御利用いただけます。

事務所や店舗の受付、製造業、倉庫業、ホール、駐車場などの省力化、コスト削減、人件費削減、業務の効率化にご利用いただけます。

店舗や事務所の受付などでのお客様への対応の運営効率の向上、省力化にもお役に立てます。
セキュリティ上の緊急呼び出し装置にもご利用いただけます。

   ワイヤレス式の呼び鈴を押すと数百m離れたやパトランプや回転灯が作動します。
受付や店舗に設置したワイヤレス式呼び鈴を押すと数百m離れたやパトランプが回転してご担当者を呼び出しや来客案内に御利用いただけます。