無線呼び出しシステムドットコム>> 中の異常を光で報せる無線式異常点滅ボタンシステム>>

異常点滅ボタンシステムを隣接した2ケ所に設置すると混信することはありますか?

隣接した2ケ所に設置すると混信しますか? それとも混信防止にIDで個別に判定可?


(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


電波の周波数帯は同じですが、非常ボタンと警報機、無線式フラッシュブザーなどそれぞれ機器類にはIDコードが登録されておりますので、 近くに同じ構成の非常ボタンシステムがあっても混信する事はございません。

隣の部屋で同一のシステムを使っていても反応するようなことはありません。


商品ご紹介のページはこちら。

外に中の異常を光で報せる-無線式異常点滅ボタン
中の異常を光で報せる-無線式異常点滅ボタンシステム
屋内設置の非常ボタンを押すと中で警報ブザーが作動、 少し離れた場所に設置したフラッシュランプ、フラッシュブザーが点滅、鳴動して、 屋外で周囲の人に異常事態を報せます。 途中に中継器を配置して、通信距離を伸ばすことも可能です。
無線機器を使いますので面倒な配線工事は必要ありません。 女性だけの店舗や事務所、宝飾店、学校や保育園などでもご利用いただいております。

外に中の異常を光で報せる-無線式異常点滅ボタン

長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源

充電バッテリ電源

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切替遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.

..