トップページ>> 無線式電源ON/OFFシステム>>

展示会場やホールでの利用を考えています。他社の無線機器とは混信はないと考えてよいのでしょうか?


展示会場やホールでの利用を考えています。他社の無線機器とは混信はないと考えてよいのでしょうか? 何m以上離れていれば問題ない等、混信回避の方法があれば御教授いただけると助かります。

(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


2〜3mほどの近くに同様の周波数帯をや強い電波を使った無線装置がありますと 混信の可能性はかなり少ないですが、 リモコンから受信機まで電波の届く距離が短くなるという現象が出る可能性はあると思います。 10mほどされることをおすすめいたします。

無線式電源ON/OFFシステムの電波を発信する仕組みですが、 リモコンの電池の消耗を少なくするために、 オンボタン、オフボタンを1回押すと、 約2秒間のワンショット無線信号を発信するようになっています。 電波は連続して発信されません。



商品ご紹介のページはこちら。

無線リモコン式電源オンオフ切り替え装置
無線式電源ON/OFFシステム(近距離型)
携帯リモコンスイッチのボタンオンオフ操作で離れた照明やランプの電源のオンオフ切り替え操作ができます。 リモコンからの見通し10m〜20mの範囲内でで操作可能です。
リモコンスイッチ送信機はボタン電池駆動ですので持ち歩き可能です。 スイッチからの電波を受信機が受けると付属のタップから電源(AC100V-家庭用電源)がオンオフ切り替えされます。
ガレージや倉庫などの照明やパトランプなどの遠隔操作にご利用いただけます。

リモコンスイッチ+電源ON/OFFスイッチ(受信機)は複数セットの構成も可能です。
リモコンスイッチ+電源オンオフ切り替え受信機は複数セットの構成も可能です。

リモコンとON・OFF受信機の間に中継機を入れて操作可能の範囲を広げることもできます。
ご家庭や事務所、店舗などの近距離呼び出し装置、パトランプのON/OFF操作に。
受注生産品。ご希望の仕様の御相談を承ります。
信頼性の高い日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て開発が行われている本格派の製品です。


長距離無線連絡設備-通信距離100〜300m

近距離無線連絡設備−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出し設備-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源装置

充電バッテリ電源装置

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切り替え遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。


 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.

..