トップページ>> 接点信号入力作動型ショートメール自動通報装置>>

メールで無電圧接点信号入力10点(メ-ルの内容のどの接点異常かを区別をしたい)を管理者で監視したいと思います。どのような方法がありますか?



(以下 商品内容、利用方法のご質問への回答)


以下のメール通報装置をおすすめします。

ショートメール通報装置は標準の1接点信号監視用通報機と2接点監視用通報機がご用意できます。 最大で1台の通報機で監視出来るのは2接点までですので、10点の信号の監視する場合には2接点監視用メール通報機が5台必要となります。 発信用のSIMカードも5枚必要となります。


ご注意点ですが、
2接点信号監視用通報機の場合、 メール発信動作中にもう一方の接点信号が入っても無視される点です。

標準設定の場合、1回接点信号が通報機に入ると 1先に約30秒間隔で3通メール(1サイクル)を発信し、その後待機状態になります。 待機状態後に戻った後に再び信号が入るとメール通報動作がスタートします。
※接点信号入力の蓄積機能はありません。

そのため、複数の接点信号が同時に出力される可能性が高い場合は、 2接点監視用ではなく、1接点監視用の通報機を複数台ご利用いただく方が安心かもしれません。
SIMカードの枚数が増えるために通信料金は上がります。


商品ご紹介のページはこちら。


接点信号入力作動型ショートメール自動通報機
接点信号入力作動型ショートメール自動通報機

接点信号(無電圧a接点信号1個)が通報機の端子台に入力されるとFOMA SIMカードを使ってショートメールで担当者に緊急自動通報を行います。

低コストで目の届きにくい遠隔地の施設の設備装置や各種警報盤、センサー、スイッチの安全無人監視ができます。
現地まで定期的に出向く手間が省け、保守作業員のコストの低減、人件費削減、効率化に繋がります。

現地に固定電話回線やインターネット環境は必要ありません。
通信はNTTドコモの回線を利用しますので携帯電話の通話エリアでしたらどこでも御利用いただけます。

メールで担当者を緊急呼び出し。省力化、生産性の向上、無駄ロスを排除、ミスの防止、迅速なトラブル対応に。


自動通報機の端子台に接点信号入力されるとショートメールを自動送信して担当者を呼び出します。接点信号入力作動型ショートメール自動通報機

接点信号入力作動型ショートメール自動通報機、接点信号が本通報機に入力されると登録された携帯電話番号にショートメールが送られてきます。
接点信号が本通報機に入力されると登録された携帯電話番号にショートメールが送られてきます。

長距離無線連絡システム-通信距離100〜300m

近距離無線連絡システム−通信距離10〜30m

接点信号入力で作動する自動無線通報装置

長距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離100〜300m

近距離無線押しボタン呼び出しシステム-通信距離10〜30m

無線パトランプ、回転灯

携帯電話網を利用する自動電話通報装置

NTT固定電話回線を利用する自動電話通報装置

ソーラー電源式無線システム

充電バッテリ電源式無線システム

離れた場所の接点信号をオンオフ操作する遠隔操作

距離自動感知タイプの無線警告装置

各種警報装置、アラーム

家庭用ワイヤレス呼び出しアラーム

呼び出しチャイム

ポケットベル

安否確認、緊急ボタン、徘徊防止装置

防犯設備

電源オンオフ切り替え遠隔操作

停電時対応の警報装置、呼び出しコール

押しボタンの形状によって選ぶ無線呼び出しコール

特定小電力無線送受信機の電源別の送受信機の組み合わせ

緊急信号通報機導入例

長距離近距離ワイヤレスアラームの運用例

会社案内



トップページへリンク


内容の無断転載を禁止します。

 (C)Copyright 無線呼び出しシステム.com.All rights reserved.
商品のお問い合わせはお気軽にどうぞ。




..